偽造防止付きプレミアム商品券、地域振興券の作成 印刷

ようこそゲストさん ログインする
営業日カレンダー
営業日時・お問合せ方法
    ■営業時間
    (平日)8:15~19:00
    ■営業日
    月~土
    (但し第2・4土日、祝日は休業)
    ※メール、FAXでのお申し込みは
     24時間受け付けております。
    ■お問合せ方法
    詳しくはコチラ
    FAX:099-244-6681
便利なサービス

地域振興券・プレミアム商品券など 作成 印刷

 地域振興券,プレミアム商品券,GО TОイート, GО TОトラベル共通クーポン券を作成 印刷する際に、
この頁でコピーガード印刷,ホログラム加工等の偽造防止加工のメリットや仕様を理解することで、 予算に適した地域振興券,プレミアム商品券,GО TОイート, GО TОトラベル等のクーポン冊子を印刷する事が可能です。

 

地域振興券,プレミアム商品券,GOTOイートのクーポン冊子 印刷

 

66666aaa.png

【印刷条件 (下記の条件での参考価格です)】

○1冊12枚綴り(全て同版) 10.000冊  20.000冊    ○サイズ 150mm×76mm(切り離し140mm×76mm)

○印刷 表紙1/0  本文4/1(表カラー/裏1色)       ○紙質  表紙・本文 マット紙110㎏ 

○加工オプション 通常ナンバー (本券・表紙)   ミシン1本

地域振興券の偽造防止の種類 10,000冊の価格 20,000冊の価格   納   期
①蛍光インキ印刷+コピーガード印刷  530,000円   850,000円 7日~10日〈校了後〉
②ホログラム印刷 (金・銀箔も可)※1  750,000円  1,300,000円 15日~1カ月〈校了後〉
③セキュリティー用紙(スバル) 

   910,000円

 1.670.000円 15日~1カ月〈校了後〉
④セキュリティー用紙(銀河)  620.000円  1.090.000円 10日~15日〈校了後〉
⑤その他(透かし、コピーガード等)  見積もり  見積もり 7日~10日〈校了後〉

※   価格は送料・税込みです。納期は目安です、お客様の事情に応じて対応します。

※1 ホログラムの種類は、在庫に制限があります。種類を指定する場合は、事前にお問い合わせください。

  (ホロのサイズは、巾3mm×縦76mmを予定しています)

※ 上記の印刷料金は、参考料金です。印刷条件の違いはもとより、納期やご注文時期によっても印刷料金は、変わります。

(ホログラム加工、コピーガード印刷等のオプション料金掲載)

クーポン冊子,地域振興券・商品券冊子の価格表・
ご注文は下記からどうぞ!(10,000冊迄)

4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て同版)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが2種類の場合)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て別版の場合)の価格表はコチラ

(※10,000冊以上をご注文の際は、下記のお見積りフォームを用途に応じてご利用ください。)


       FAX及びメールでのお見積りをご希望の際は、下記書式をダウンロードしてください。

 お見積りフォームをご利用される際はこちらです。
estimate01.jpg
info.jpg

 

security.png

1)蛍光インキ印刷(表面)+コピーガード印刷(両面)

コピーガード印刷&蛍光インキ印刷で、経済的な偽造防止加工の実現!

コピーガード印刷&蛍光インキ印刷で、経済的な偽造防止加工の実現

 地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際に、当社がお客様にお勧めしている偽造防止加工で、費用が安く偽造防止効果が高い方法は、蛍光インキとコピーガード印刷の組み合わせです。
ホログラム加工は、偽造防止効果は高いですが注文数によっては、費用的な負担が1.5倍から2倍近くまで高くなります。当社の偽造防止加工で最も加工費が安いのは、コピーガード印刷ですが、コピーガード印刷だけでは効果が限定的です。蛍光インキを組み合わせることで、不正コピーを撃退する効果が高まります。下記にその特徴について、紹介します。

1) 効果的なコピーガード機能を印刷しやすい紙質選び


 地域振興券、プレミアム商品券のコピーガード印刷は、特殊なソフトを使って、再現しにくい網点を作成してコピーガード機能を作成します。 コピーガード印刷は、水とインクのバランス、湿度などに依っても仕上がりに影響を受ける繊細な印刷です。 お客様の見た目には判別しにくいのですが、専門的には当然紙にも適性があります。 コピーガード機能を発揮する印刷の仕上がりを実現するのには、マット紙が最も適しています。 また、上質紙にも印刷は可能ですが、マット紙・コート紙に比較すると効果が劣る傾向があります。
地域振興券、プレミアム商品券のコピーガード印刷の適性が高いのは、マット紙、コート紙ですが、コート紙は製本適性が低く商品管理が難しくなるために、一番のお勧めはマット紙です。

効果的なコピーガード機能を印刷しやすい紙質選び

2) 地域振興券のコピーガード機能を最も高めるインクとは


 地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際に、紙質もコピーガード印刷には大切ですが、もう一つ大切な条件は、インキの色です。 コピーガード機能を高めるインキは、明るくて薄いインキではなく、色が濃いく黒に近いインキほど、コピーガード効果は高くなる傾向があります。 中でも黒が最もコピーガード効果が高い傾向があります。シアン(青)は効果が弱く、黄色はほぼ効果がありません。 例えば、下記の様なインキの効果が高まります。

コピーガード機能を最も高めるインクとは

3) ワンポイントコピーガードと全面(部分)コピーガード印刷について


○ デザイン作業もスムーズなワンポイントコピーガード
 地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際に、エンドユーザ様やデザイン事務所、広告代理店様等で、デザイン作成後にコピーガード機能を挿入するのは、デザインのやり直しを伴い、エンドユーザ様への再確認作業が発生してしまいます。 そこで、デザインの大幅な訂正にならないように、当社ではワンポイントコピーガード印刷を提唱しています。 下記の図(図-1)のようにデザインのバランスを崩さない形状のコピーガードを、完成したデザインに挿入する仕組みです。 当社でコピーガードの印刷データを挿入前に、お客様(デザイン事務所様等)で平アミの仮データやアタリ径で挿入場所を決めて、デザイン校了後に差し替えるのがスムーズです。 コピーガードの挿入場所は、バックにアミ等がない、無地の場所に挿入します。絵柄のある場所に挿入する場合は、バックを無地に抜く必要があります。
コピーガード印刷は、情報管理の都合で、本データ挿入してのお客様校正は対応していません。
地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際の実際のデータによる仕上がり確認は、本機校正(有料)での確認になります。

ワンポイントコピーガードと全面(部分)コピーガード印刷について
作成までの手順まとめ

《作成までの手順まとめ》

  1. 当社指定のコピーガードの形状とサイズを、校正中のデザインに確保する。
  2. お客さま(デザイン事務所、広告代理店)で、ダミー画像を挿入してエンドユーザ様の確認をとる。 (当社で事前に、ダミー画像を提供する事も可能です。ご希望の際は、校正時にお伝えください。)
  3. 校正終了後のデータを当社に入稿後に、当社でコピーガードの本データを挿入する。

ワンポイントコピーガードの挿入箇所の条件

  1. 当社指定のコピーガードの形状とサイズを、校正中のデザインに確保する。
  2. コピーガードの挿入場所は、バックにアミ点がない無地の場所に挿入する。
  3. 全体にグラデーションや絵柄がある箇所は、コピーガード部分の面積を白抜きにする。
○ 偽造防止がより効果的な全面コピーガードと部分コピーガート印刷
 地域振興券、プレミアム商品券の印刷の際に、コピーガード機能を更に高めるためには、全面コピーガード印刷や部分コピーガード印刷が適していますが、その為に面積確保が欠かせません。 前述のようにコピーガード印刷の部分は、バックを無地にする必要があります。コピーガードが挿入できる条件は、主に下記の2点になります。 (図−5・6を参考に、コピーガードの挿入部分を特定してデザインを作成してください。)
  1. コピーガードを挿入する面積のバックが、無地になっていること。(薄いアミもかかっていない)
  2. デザインデータの全体及び挿入部分が、画像でないこと。
(図−5・6 偽造防止がより効果的な全面コピーガードと部分コピーガート印刷
(図−5・6 偽造防止がより効果的な全面コピーガードと部分コピーガート印刷 裏面

(図-7)

以上の2点を踏まえたうえで、コピー後に浮き出る文字のデザインを決めて、お客様との校正を進めます。 エンドユーザ様とのデザイン校了前に、進行中のデザイン(図-5)に問題なくコピーガード挿入が可能か、確認させて頂きます。 以上の手順で、コピーガード機能の高い全面コピーガード、部分コピーガード印刷を完成させます。
(図-7)の様に、市章、町章、会社のロゴ・マーク等のコピーガード加工も、別途費用が伴いますが可能です。前面及び部分コピーガード印刷は、ワンポイントコピーガードと異なり、オーダーメイド加工が発生するために、版代の料金が発生します。見積りフォームより、詳細を記入後にお問い合わせください。

4) 地域振興券、プレミアム商品券に印刷する蛍光インキ


 蛍光インキとは、一般のインキと異なり蛍光顔料の入った特殊なインキです。コピーすると蛍光色が失われて、不正コピーなどの偽造が目視で確認できます。 下記の写真のようにブラックライトを照射すると発色しますので、不正コピーなどの判定が曖昧な場合は、ブラックライトで真偽の最終確認も可能です。
 地域振興券、プレミアム商品券の印刷の際に、当社で、常時使用する蛍光インキは、オレンジ、ピンク、イェロー、グリーン、マゼンタの5種類ですが、最も効果的な色は、オレンジの蛍光インキです。 1種類の蛍光インキを使用する場合は、オレンジを推奨、2番目にイェロー、三番目にピンクを推奨しています。 オレンジは、ブラックライトを照射した時の輝度差も大きいですが、可視光線下での光沢も目視しやすく、更にコピー機で複写した時の輝度の違いもハッキリしています。
コピー機に蛍光トナーがない限り、不正複写で、同じ商品の再現は出来ないと思われます

蛍光インキの種類 当社対応
蛍光インキの種類 地域振興券の印刷例

データ作成までの手順

《データ作成までの手順》

蛍光インキの使用面積と使用箇所に付いては、多少の制限が伴います。
  1. 面積は、10㎠以内を基準にしています。面積について不安な方は、インキの使用料に関係しますので事前にご相談ください。
  2. 使用箇所については、バックにアミ点などがない無地の状態で、印刷データは、実線のみです。
    アミ点やグラデーションの文字、画像は、蛍光インキの輝度が弱くなりますので、必ずベタ(100%)の実線で入稿してください。
  3. AIの入稿は、蛍光インキ部分のレイヤーを分けて入稿してください。
  4. 蛍光インキの印刷部分は、モノクロでもカラーでも構いません。

5) 効果的な蛍光インキとコピーガード印刷の組み合わせ(例)


 それでは、地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際のコピーガード印刷と蛍光インキ印刷の組み合わせ例を下記に紹介します。 コピーガード印刷の部分は、全面である必要はありません。 図-8の様に部分的にコピーガートをしてワンポイントで蛍光印刷をすることで、効果的な偽造防止加工印刷が可能です。下記の説明は参考です。 蛍光インキの使用部分やコピーガード加工の場所は、お客様自身でデザインのバランスを考えて特定してください。

効果的な蛍光インキとコピーガード印刷の組み合わせ(例)

(図-8)

 以上は、地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際のコピーガード印刷、蛍光インキ印刷の特徴ですが、バランス良く2つの加工を組み合わせることで、経済的で効果的な 偽造防止加工印刷が可能になります。是非ご参考にして下さい。


2)ホログラム加工

 

プレミアム商品券 地域振興券 ホログラム加工    
                         「ホログラムの輝き」 動画で確認できます!

【特徴】   

 地域振興券、プレミアム商品券等に、ホログラムホイルを使って、ホログラム加工をします。大ロットの場合は、印刷後に、ホログラムを印刷する手法で、ホログラムを加工をしますので、紙質やホロ泊の選択には制限があります。上質紙・マット紙・コート紙などにホログラム印刷が可能です。参考価格は、ホロの幅は、約3mm~5mm位です。  ホログラムの詳細はコチラ (50.000枚のご注文以上は、ホロ泊の選択に、制限があります)

【偽造抑止効果】

地域振興券、プレミアム商品券の中で最強にして、最大の偽造防止抑止効果があります。ホログラム加工は、偽造抑止効果が高いので、一般的には、費用の面から考慮してもコピーガード印刷や蛍光インキ印刷と組み合わせる必要はありません。

【作成までの手順】

 地域振興券、プレミアム商品券を印刷する際に、当社では、お客様のご希望の納期に近付ける為に、ホログラム加工の後加工(印刷の後)とホログラムの前加工(印刷の前)を行っています。印刷に多少の制限が伴いますが、コストダウンや納期優先を実現する為の手法です。当社の段取りや納期の制限によって、下記のいずれかを選択させて頂きますので、ご協力をお願いしています。

 

1)ホログラムの後加工(印刷の後)の場合(ホロの位置は問いません)


  地域振興券、プレミアム商品券を印刷して、後からホログラム加工をします。ホログラムの位置を白く抜かないで、絵柄は通常に印刷してください。

  (下記の図を参照)

 商品券  プレミアム商品券 地域振興券 ホログラム加工

 

2)ホログラムの前加工(印刷の前)の場合(ホロの位置に制限があります)


  地域振興券、プレミアム商品券を印刷する前に、ホログラム加工をしています。ホログラムの位置と幅を白く抜く必要があります。下記の図をご参照ください。詳しくはご相談してください。

 

horogram-aa.png

プレミアム商品券 地域振興券 ホログラム加工お食事優待券 金券 商品券 株主優待券 ホログラム加工

 

ホログラム加工 印刷 激安

(ホログラム加工、コピーガード印刷等のオプション料金掲載)

クーポン冊子,地域振興券・商品券冊子の価格表・
ご注文は下記から(10,000冊迄)

4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て同版)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが2種類の場合)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て別版の場合)の価格表はコチラ

(※10,000冊以上をご注文の際は、下記のお見積りフォームを用途に応じてご利用ください。)


       FAX及びメールでのお見積りをご希望の際は、下記書式をダウンロードしてください。

 お見積りフォームをご利用される際はこちらです。
estimate01.jpg
info.jpg

新型コロナウイルス禍の地域振興券、プレミアム商品券の最近の傾向

現金給付と商品券配布のどちらの経済効果が高いか

日本の経済活性化政策の1つとして期待されているのが、自治体や各団体による地域振興券、プレミアム商品券の発行です。過去にも景気低迷が慢性化してくると、この政策が幾度となく実行されてきました。現金支給とどちらが、経済活性化の有効政策になるかも議論されてきました。現金支給は、支給内容の趣旨が経済政策だけの目的でない場合もありますので、一概には論じられませんが、現金は支給されても必ず消費に向けられるとは限りません。
2020年の政府の新型コロナウイルス対策の経済政策として、当時の大臣の「商品券は、貯金にはいかない」(2020年3月24日朝日新聞)、「現金を給付しても貯蓄に回ってしまうので、商品券の方が、消費喚起効果が高い」と云う談話が掲載されています。
しかし、どちらの経済効果が高いか、は賛否両論あるようですが、経済学者や政治家のように結論を出すのが、本頁の趣旨ではありません。むしろ地域振興券、プレミアム商品券の発行を前向きにとらえ、発行にかかる予算的な見地から全国的に見た新型コロナウイルス禍の地域振興券、プレミアム商品券の最近の傾向を紹介します。

新型コロナウイルス禍の地域振興券、プレミアム商品券の最近の傾向

印刷費用は安くて、高い偽造防止効果の方法は何か

地域振興券やプレミアム商品券は、あくまでも金券です。不正コピーや不正複製で印刷して、不正使用をすると、法律によって有価証券偽造罪、偽造有価証券行使罪の罪に問われます。こうした公共性の高い地域振興券やプレミアム商品券ですが、ここ数年自治体や各種団体の地域振興券の発行頻度が多く、予算的に国や各自治体も余裕がないのが実情のようです。地域振興券やプレミアム証券の発行で、地域経済にカンフル剤を打ちこみたい、でも潤沢な予算がない。

新型コロナウイルス後の傾向

新型コロナウイルス後の傾向

そうした事情もあり、最近の傾向として、偽造防止加工は「ナンバーだけでよい」、「ナンバー印刷とコピーガード印刷だけでよい」、「費用を抑える偽造防止加工は何か」等を探る傾向が出てきています。 国の補助と自治体独自の予算で、地域振興券、プレミアム商品券を作る場合と多少傾向は異なると思いますが、新型コロナウイルス以前は、当社が受注している件数としては半数近くが、ホログラム加工(最強の偽造防止加工)での印刷だったのですが、低予算で最低限の偽造防止加工があればよい、と云う傾向が新型コロナ以後は顕著になっています。

予算を抑えた効果的な偽造防止加工とは

近代史に稀に見る未曾有の国難に見舞われている現在、予算に糸目を付けない政策が望まれますが、地域により商業環境や被害状況、救援策を望む声も異なるので、国の支援政策だけで、経済不況の地域格差を全てカバーするのは、困難ではないでしょうか。
予算削減が緊急の課題でなく、従来通りホログラム加工の印刷を継続される自治体、各種団体も見受けられますが、全体的には予算の緊縮傾向にあるようです。ある市町村自治体では、新型コロナウイルス発生後に、既に3回の振興券を発行している自治体様もあります。経済が低迷している、そこでコロナウイルスの終息を見据えて地振興券を発行、しかし、人の動きが増えるとまた感染者数が増加し、増加すると自粛ムードで経済が低迷。すると地元住民や商店街などからの要望で振興券をまた発行。この繰り返しでは、消費喚起効果を見据えて、1回だけの発行のタイミングを判断するのは困難です。こうした事情で、地域振興券、プレミアム商品券の発行回数が増えているのであれば、1回の発行の印刷費を制限したい、と言う要望が起きてきます。こうした風潮を鑑みて、当社では効果的な偽造防止抑止効果があり、予算削減を実現する方法として、前述の「コピーガード印刷+蛍光インキ印刷」の組み合わせを提案しています。予算を抑えた効果的な偽造防止加工とはこの偽造防止加工は、発行部数が3万冊~5万冊以上の場合は、ホログラム加工の65%~75%の予算内で印刷が可能です。10万冊を超えると、ホログラム加工の55%近い予算で印刷できる場合もあります。金額では、500万円の予算が280万円位に削減されることになります。「不正コピーされて、発行者は事後対応と釈明に苦戦する」、こうした事態だけは避けたい、でも予算削減を希望しておられる自治体、各種団体様には、費用が安く確実に偽造防止を撃退できる偽造防止加工は、「コピーガード印刷+蛍光インキ印刷」の組み合わせです、とお勧めしています。

 

3)セキュリティー用紙(スバル)

(蒸着スレッド)               (木の葉模様の透かし)

IMG_0001_118.jpg       IMG_0001_112.jpg 

【特徴】

地域振興券、プレミアム商品券等の印刷に、蒸着スレッドを紙層間にすき込んだセキュリティー用紙を使用します。また、スレッドの両側に、木の葉模様の「透かし」があります。紙の厚さや種類は、上質系110㎏相当の1種類のみです。大ロットになるほど、印刷料金も高くなる傾向にあります。   詳しくはコチラ

【偽造抑止効果】

製紙メーカーが、製紙の段階から偽造防止加工の為に作成する偽造防止専用紙です。


4)セキュリティー用紙(銀河)

(印刷後)                     (印刷前の紙「銀河」)        (拡大) 斜めの透かし    

  ginga1-1.jpg     gimga-5.jpg 

【特徴】

地域振興券、プレミアム商品券等に使用するセキュリティー用紙「銀河」は、和紙調の紙質で約3mmくらいの幅で、前面に斜めの透かしが、入っています。目視では解りませんが、紙の製紙段階で蓄光材が混入されているために、ブラックライトを照射すると蓄光材が光ります。ホログラムほど視覚的な偽造防止効果はありませんが、複製は不可能と思われます。

【偽造抑止効果】

偽造防止効果は高く、経済的なセキュリティー用紙で、製紙の段階から作られる偽造防止専用紙です。

 

5)その他の偽造防止加工

(コピー前)                (コピー後)             (高輝度シルバーインキ)

  クーポン券 金券 商品券 プレミアムクーポン券等の偽造防止加工 

【特徴】

  コピーガード用紙と同じ原理で、コピー機などで複写すると「隠し文字」の「複写」「コピー」等の文字が現れるように印刷します。さらに、コピーガード印刷 に、シルバーインキで、罫線や少し広めのラインを印刷することで、複製が一層困難になります。市販のコピー機が高性能化している中で、コピーガード用紙+ シルバーインキ印刷等の2種類の方法で印刷することで、より一層偽造抑止効果が高まります。紙質は、マット紙・コート紙等の選択が可能です。上質紙は、シルバーインキの光沢性が馴染みません。

【偽造抑止効果】

商品券や振興券等を市販のコピー機で、複製する愉快犯的な犯罪に、偽造抑止効果が有ります。本格的な偽造集団による超高性能なコピー機の複製には、対応できないことも予想されます。

透かし印刷 IMG_2341 triming 2.jpg
 

(ホログラム加工、コピーガード印刷等のオプション料金掲載)

クーポン冊子,地域振興券・商品券冊子の価格表・
ご注文は下記から(10,000冊迄)

4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て同版)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが2種類の場合)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て別版の場合)の価格表はコチラ

(※10,000冊以上をご注文の際は、下記のお見積りフォームを用途に応じてご利用ください。)


       FAX及びメールでのお見積りをご希望の際は、下記書式をダウンロードしてください。

 お見積りフォームをご利用される際はこちらです。
estimate01.jpg
info.jpg

 

地域振興券の作成 印刷には、偽造防止加工が欠かせません。

冊子タイプ 商品券,金券,ギフト券,地域振興券,プレミアムクーポン券の作成 印刷が激安

 商店街や地域振興のために、市町村や商工会議所・商工会単位で発行されるプレミアムクーポン券(商品券、ギフト券)等の地域振興券には、複雑なナンバリング、ミシン加工、偽造防止加工などが伴います。公共性の高い金券であるプレミアムクーポン券(商品券)等に偽造防止加工をしていないと、コピー機で簡単に複写されるリスクが生じてしまい、地域振興にもマイナス効果となりかねません。また、プレミアムクーポン券の配布状況や配布地域を特定する為には、管理ナンバーとしての「文字入れナンバリング」や「親子ナンバリング」なども欠かせません。印刷通販プリントフェスタは、こうした地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の作成印刷を、ご予算に応じて、効果的な提案をしています。

綴り枚数は、1冊5~6枚綴りから50枚or100枚綴りまで対応。

●冊子の寸法55×100mm(無線綴じ) ●冊子の寸法60×150mm(無線綴じ) ●冊子の寸法76×160m(無線綴じ)

 各家庭に配布される地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券等の一冊の綴り枚数は、10枚綴りから20枚・30枚綴りが一般的に多い製本形態です。製本技術的には、2・3枚※1綴りから400枚・500枚綴りまで製本が可能です。

※1  地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の2・3枚綴りの場合は、使用する紙の厚さに制限が有ります。詳しくは、お問い合わせください。


クーポン券 割引券 サービス券 のデザイン テンプレート 見本の冊子 サイズ

クーポン券 割引券 サービス券 のデザイン テンプレート 見本の冊子 サイズ

クーポン券 割引券 サービス券 のデザイン テンプレート 見本の冊子 サイズ

 

    

 

 

 

 

 

 

 

地域振興券,プレミアムクーポン券(商品券)を全国に出荷しています。

印刷通販プリントフェスタは、クーポン券、金券、商品券、ギフト券、チケット等の偽造防止加工や偽造防止印刷や複雑なナンバリング印刷に、早くから取り組んで来ました。今では、その実績が認められて全国の全国の商工会、市町村、印刷会社様から、地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の注文をいただいています。

公共性の高い地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券は、すべての商品券に万全な偽造防止加工を望みたいところです。しかし、偽造防止のために、印刷予算を無制限に確保することも厳しくなる中で、印刷通販プリントフェスタは、ナンバリングの格安印刷や、予算にあった偽造防止加工の方法を数多く提案して、全国の商工会、市町村、印刷会社様からご好評をいただいています。内容については、お気軽にお問い合わせください。

 

伝票 作成 印刷のtopはコチラ       領収書 作成 印刷はコチラ      チケット 作成 印刷 音楽のtopはコチラ

 

プレミアムクーポン券 商品券 地域振興券の偽造防止技術

 

プレミアムクーポン券 商品券 ホログラム 偽造防止加工の見本
(セキュリティー用紙を使った偽造防止)
プレミアムクーポン券 商品券 蛍光彩文偽造防止加工の見本
(蛍光発色インキを使った偽造防止)

 

  偽造防止の方法としては、一般の紙にホログラム加工、箔押し加工、蛍光発色印刷などを施す偽造防止加工と製紙メーカーや印刷会社で作成したセキュリティー用紙(コピーガード用紙)を使う偽造防止の方法があります。どの方法を選択するかは、クーポン券(商品券)などの役割や印刷枚数に応じて、費用対効果の高い偽造防止方法を提案しています。

 例えば、ホログラム印刷は、視覚的効果も大きいですが、ロットが多くならないと割高になり、箔押し加工は、ロットが多くなると材料費のムダも多くなり加工費が格段に高くなってしまいます。

 また、セキュリティー用紙を使用した場合も視覚的効果は弱くても偽造抑止効果は十分に高い用紙や、視覚的効果が高くてやや割高な用紙などもあります。いずれの場合も地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券などの役割や印刷枚数を考慮して偽造防止方法を選択するのが大切です。

偽造防止加工の詳細はコチラ

 

プレミアムクーポン券 商品券 地域振興券のナンバリング印刷

 

プレミアムクーポン券 商品券 ナンバリング印刷の見本 表紙          プレミアムクーポン券 商品券 ナンバリング印刷の見本

 (表紙)  表紙ナンバリング入り                   (クーポン券) 本文ナンバリング入り

 

印刷通販プリントフェスタは、地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券のナンバリング印刷のスペシャリスト集団です。全国からのナンバリング印刷のご注文に、印刷機2台によるナンバリングとオンデマンド機5台でナンバリング印刷に対応しています。地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の親子ナンバリング、文字入れナンバリングは、オンデマンド機のみ対応いたします。予めご了解ください。

ナンバリング印刷の詳細はコチラ

 

プレミアムクーポン券 商品券 地域振興券の冊子製本技術

 

無線綴じ製本機                  プレミアムクーポン券 商品券 ナンバリング印刷の見本

地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の小冊子製本に威力を発揮する無線綴じ製本機) 

 

 地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の冊子には、用途に応じてサイズがあり、小さいものは55×100㎜の名刺サイズの冊子や一般的な76×160㎜の冊子があります。こうした冊子は、A4版等の冊子と比較して非常に小さいために熟練された製本技術が欠かせません。特に、地域振興券、プレミアムクーポン券、地域振興商品券の表紙に親子ナンバリングがある場合は、製本作業員や製本作業全体の流れに、経験豊富な知識が必要です。印刷通販プリントフェスタは、こうした豊富な製本知識と製本技術で、お客様のご要望にお答えします。

(ホログラム加工、コピーガード印刷等のオプション料金掲載)

クーポン冊子,地域振興券・商品券冊子の価格表・
ご注文は下記から(10,000冊迄)

4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て同版)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが2種類の場合)の価格表はコチラ
4枚綴り~15枚綴り(デザインが全て別版の場合)の価格表はコチラ

(※10,000冊以上をご注文の際は、下記のお見積りフォームを用途に応じてご利用ください。)


       FAX及びメールでのお見積りをご希望の際は、下記書式をダウンロードしてください。

 お見積りフォームをご利用される際はこちらです。
estimate01.jpg
info.jpg